ネットワークマイク WV-SMR10/WV-SMR10N3

定格 [WV-SMR10]

基本
電源 DC12 V±10 %、PoE(IEEE802.3af準拠)
消費電力 DC12 V : 200 mA/2.4 W
PoE 48 V : 60 mA/2.9 W(クラス1機器)
使用温度範囲 -10 ℃~+50 ℃
使用湿度範囲 90 %以下(結露しないこと)
耐衝撃性 20J(IEC60068-2-75)/IK10(IEC 62262)準拠
※断続的に振動が発生する場所への設置はできません。
設置方法 天井設置/壁設置
寸法 270 mm(直径)× 55 mm(高さ)
質量 約2.3 kg
仕上げ ネット : SECCパンチング(セイルホワイト塗装)
カバー : PC樹脂(セイルホワイト)
その他 いたずら防止構造(センターカバー装着時)
マイク部
マイク素子 エレクトレットコンデンサーマイク(16素子)
感度 -15 dBFS±3 dB(1 Pa、1 kHz)
最大入力 100 dBSPL rms
S/N比 66 dB以上
ダイナミッックレンジ 72 dB以上
周波数帯域 約300 Hz ~ 7 kHz
騒音抑圧量 約18 dB(集音方向以外の音の抑圧量)※1

【騒音抑圧量】カメラ画面上で指定した集音方向以外の方向の音がどの程度小さくなるかを表しています。本機の場合は約18dB≒約3分の1程度に抑圧されます。
指向角 約20° (1 kHz、半値半角)※1

【1 kHz・半値半角】指定した集音方向の中心に設置した周波数 1 kHz の信号音のマイクによる集音量が、信号音の発生位置をずらしたとき元の位置の半分になる角度を示しています。
集音距離 約6 m(騒音量約65 dBSPLの環境で音声が聞き取れる距離)
マイク周辺の障害物や、話者の顔の向きによって低下することがあります。
ネットワーク部
ネットワーク 10BASE-T/100BASE-TX、RJ45コネクター
音声圧縮方式 16チャンネル独自コーデック 約2 Mbps
対応プロトコル IPv6 : TCP/IP、UDP/IP、HTTP、HTTPS、RTP、DNS、NTP、SNMP、DHCPv6、 MLD、ICMP、ARP
IPv4 : TCP/IP、UDP/IP、HTTP、HTTPS、RTSP、RTP、RTP/RTCP、DHCP、 DNS、DDNS、NTP、SNMP、UPnP、IGMP、 ICMP、ARP
最大接続数 3(マイクへ同時接続できるセッション数)
※ 条件によっては、十分な性能が発揮できないことがあります。
 たとえば、HTTPSでマイクへアクセスする場合、同時接続できるセッション数は2となります。
  • ※1 設置環境の条件に依存します。
    設置環境によっては期待される性能、機能が発揮できない場合がありますので設置
    環境での事前検証を推奨します。

各部名称

各部名称

寸法図(単位:mm)

寸法図

関連商品(別売)

対応OSとブラウザ

対応OS Microsoft® Windows® 8.1 日本語版
Microsoft® Windows® 8 日本語版
Microsoft® Windows® 7 日本語版
Microsoft® Windows Vista® 日本語版
対応ブラウザー Windows® Internet Explorer® 11 32ビット 日本語版
Windows® Internet Explorer® 10 32ビット 日本語版
Windows® Internet Explorer® 9 32ビット 日本語版
Windows® Internet Explorer® 8 32ビット 日本語版
Windows® Internet Explorer® 7 32ビット 日本語版

最新情報はこちら

ページトップへ戻る

プライバシー等について

ネットワークマイクやネットワークカメラの設置や利用に際しては、録画・録音される個人(以下「対象者」)のプライバシー(※1)、肖像権(※2)および個人情報(※3)等の保護のために、以下のような対応が必要となりますので、お客様の責任でご対応ください。

  1. ネットワークマイクやネットワークカメラを用いて、セキュリティ以外の目的で個人の映像・音声を録画・録音する際には、原則として対象者の同意の取得(もしくはそれと同等とみなされる告知文の掲示等による対応)が必要となります。
  2. ネットワークマイクやネットワークカメラにより記録したデータに個人情報(個人の特定が可能な映像・音声を含む)が含まれる場合は、個人情報の保護に関する法律およびその関連法令ならびに関連する各種ガイドライン等に従い適切な管理(漏洩の防止や、必要期間経過後の消去など)を行う必要があります。
  • ※1 プライバシーは、「私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利、もしくは自己に関する情報をコントロールする権利」と一般に言われています。
  • ※2 肖像権は、「みだりに他人から自らの容貌・姿態を撮影されたり、公開されない権利」と一般的に言われています。
  • ※3 個人情報は、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)」と個人情報の保護に関する法律において定義されています。