データ収集

お客様生産設備のPLC I/Oデータのほか、PCや外部機器からのデータを自動収集し、必要な情報をグラフィカルに表示することで設備状況をリアルタイムに監視することが可能です。

特長

1.主要メーカーのPLCに標準対応し、65,536点のI/O点数(メモリの搭載量による)を標準装備

2.クライアントから同時に接続できるサーバー数は32台、サーバー1台に接続可能なPLCの台数16台

3.PLCからのアラームログやアラームサマリーを表示

機能

グラフィカルな監視

工程の状態をグラフィカルな画面で監視する事ができます。

高機能なトレンドグラフ

リアルタイムデータやデータベースから現時点のデータと過去データを組合わせて表示することができます。

アラーム機能

PLCの状態に対して条件を設定することにより、アラームログやアラームサマリを表示することができます。

過去資産の活用

CADデータなど過去の資産を活用することができます。
※一部、コンバートできないデータもあります。

仕様

サポートするデータベース ・専用データベース(JWDB)
・ODBCドライバ2.0以上の汎用データベース
クライアントから同時に接続できるサーバ数 32台
サーバに同時に接続できるクライアント数 32台
最大タグ数(I/O点数)(メモリの搭載量による) 65,536点
一つのサーバで同時接続可能なPLCの台数 16台(メーカー混在可能)
最短サンプリング周期(CPU、メモリの搭載量による) 500msec(100msecまで設定可能)