組立性評価 「生産完了いたしました。」

これまであいまいだった製品の組立性を指標による数値化とグラフ化により可視化しました。これにより自社・他社製品との組立性を比較することが可能となり、改善が可能となります。生産前製品の評価による事前改善により、円滑な生産を実現します。

特長

1.新製品の工程ネックを生産前に把握し、改善する事が可能:従来製品は勿論、リリース前の新製品についても、指数による客観的な工程ネック把握が可能です。指数数値という論理的根拠は、円滑な設計・製造の見直しを実現します。

2.製品比較においても指数から自社製品の改善ポイントを把握:自社従来機種との比較、他社製品との比較についても、指数比較により改善ポイントを明確に把握できます。部品数やビス結合数含め、工程の指数化が製品改善に繋がります。

3.自社の「もの作り」をナレッジとして蓄積し、標準化:組立性評価システムは、乖離しがちな製造部門と設計部門を論理的な指数評価で結びつけ、双方の改善アイデア出しを支援します。蓄積されたナレッジは社内基準として標準化可能です。

機能

生産前の工程検証

生産前に組立性ポイントの低い部品や作業バラツキのある工程を抽出、事前改善する事により円滑な生産を実現。

組立指数による比較

自社従来機種、他社製品との比較において、相対的に解析、改善必須項目の把握が可能。

シームレスなアイデア出し

数値やグラフの入った客観的な評価シートを前に製造部門と設計部門が組織を越えたアイデア出しを実現。

仕様

動作環境

基本ソフトウェア Microsoft® Windows® 8、
Microsoft® Windows® 7 SP1以上、
Microsoft® Windows® XP Professional SP3
ハードディスク 450MB 以上の空き容量
最小稼動メモリ お使いのOSが推奨する環境以上
コピープロテクト 本ソフトウェアはコピープロテクトされています。動作環境で発行されるIDを使用してパスワードを発行する必要があります。

※ Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

※ Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ その他記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。