設備保全

現場保全マンが携帯可能なタブレットでも入力・閲覧が可能です。クラウド環境で設備故障履歴や点検履歴を一元管理することで設備保全業務の効率化・迅速化を支援します。予防保全への体質改善に御活用いただけます。

特長

1.保全業務の根幹となる領域で、PDCAサイクルの完結に必要な機能群を標準装備

2.設備台帳 (機器台帳と機器仕様) 管理機能のほか、生産部門からの保全作業依頼なども取扱

3.マスター管理機能を極力排除するなど、シンプルな機能構成

機能

「保全効果測定」と「改善活動」を実現する保全履歴の統計分析機能を標準装備

作業員:点検結果入力、在庫管理(入庫・出庫・棚卸)、マニュアル閲覧 過去データ参照

点検結果入力

  • タブレットを利用することで、現場での結果入力が可能になり、オンラインでの結果入力は、スピーディーな情報共有を実現します。

在庫確認

  • トラブルが発生した場合、修理に必要な部品の在庫確認が出来ます。

マニュアル閲覧、過去データ参照

  • 点検方法をマニュアル化し現場で閲覧することが可能で、作業ノウハウの見える化により、作業バラツキをなくし、品質向上、現場のスキルアップを支援します。

タフパッド/タフブックの詳細はこちら

管理者:保全計画策定、統計分析、情報共有

保全計画策定

  • 周期的に行われる予防保全活動から適正な予防保全の計画策定を行うことが出来、過剰保全の防止にお役立て出来ます。

統計分析

  • ドリルダウン機能を利用することで、現場の改善活動に役立つミクロな分析をシームレスに行うことが可能です。

共有

  • タブレットを利用して、現場の状況、ヒヤリハットの気付きなどを手軽に伝達でき、職場のコミュニケーションを促進します。

仕様

インターネットに接続できる環境とWebブラウザが動作するコンピュータのみです。ハードウェアやオペレーションシステムには依存しておりません。タブレットの利用も可能です。